事例48

(名古屋市中区)【独身時代に購入した収益物件。空室が続きローンが支払えなくなってきた】

名古屋市中区で任意売却

名古屋市昭和区にお住いのKさんは、独身の時に名古屋市中区のワンルームマンションを購入し、住んでいらっしゃいました。
その後ご結婚をされ、ワンルームマンションは賃貸として貸出しをしていました。
結婚してから、ご主人と暮らすためのマンションを新たに購入し、共働きでローンの返済をしていました。ワンルームマンションにも入居者がおり、そちらのローンの支払いも問題なく行っていました。
しかし、子供ができたことで働けなくなったころ、収益物件の退去が決まり、次の入居者も決まらず、独身時代の貯金を切り崩しながらワンルームマンションの住宅ローンの支払いをしていました。
しかしついに限界がきて、住宅ローンの滞納をしてしましました。
ご主人には相談が出来ず悩んでいたところ、名古屋住宅ローン相談室にご連絡を頂きました。

結果は任意売却

現在ご本人が居住している物件でもなく、現在空室状況だった為、すぐに任意売却の手続きを進めました。
駅からも近く人気の立地であったこともあり、すぐに購入者が見つかり、残債務とローン滞納分の返済をすることが出来ました。
ご主人にも相談できなく一人で悩んでいたので、無事に債務がなくなりホッとした様子でした。
お部屋の状態やマンションの立地によって、売却の金額や買い手が決まるスピードは違います。
また、賃貸で居住者がいれば、オーナーチェンジという選択肢もあります。
オーナーチェンジでの売却は投資の利回りも重要となりますが、まずはお早めの相談が解決のカギとなります!
インターネットには様々な情報がありますが、まずはプロにご相談を。
相談料は無料です!
一緒に悩みを解決し、これからの不安を取り除きましょう。

住宅ローンの任意売却で円満解決

名古屋住宅ローン相談室では、今回のような任意売却のご相談で問題の解決をお助けしております。